リサイクルできるものを知る

回収する際の決まり

牛乳パックをリサイクルする際は、まず綺麗に洗ってください。
乾いたら、平らになるよう解体します。
その状態になったら、回収ボックスに入れてください。
洗っていないと、嫌な臭いの原因になってしまいます。
また大きい状態だとかさばるので、回収する時に困ります。
適当に回収ボックスに入れれば良いわけではありません。

回収する際も、いくつかルールが決まっています。
わざわざ洗ったり、解体したりするのは面倒だと感じるかもしれませんが、正しいリサイクルをするためには欠かせない行為です。
必ず守ってください。
牛乳パックをリサイクルすることで、新しい紙などの製品に生まれ変わります。
資源の無駄遣いを減らせるので、地球環境を守れます。

スーパーなどに回収ボックスがある

回収ボックスがどこにあるのか、確認しておきましょう。
多くの場合は、スーパーに設置されています。
ですから買い物に行く時に、牛乳パックを持って行くと楽ですね。
何かのついでに、牛乳パックをリサイクルできます。
最近は、駅に回収ボックスが設置されることもあります。
毎日駅を利用している人もいるでしょうから、そこを使っても良いと思います。

わざわざ牛乳パックを出しに行くのは、面倒に感じるでしょう。
何かのついでに回収ボックスを利用できないか、自分の行動範囲の中を探してください。
1週間に、最低でも1回訪れる場所に回収ボックスがあれば利用しやすいです。
詳しく探すと、意外なところに牛乳パックの回収ボックスがあるかもしれません。