リサイクルできるものを知る

牛乳パックは、リサイクルできるものに該当します。 どのような方法で、回収ボックスに入れれば良いのか調べてください。 ルールを守っていないと、回収ボックスに入れてもリサイクルされない可能性があります。 これからリサイクルをする人は、ルールの確認が大切です。

ペットボトルを出そう

スーパーや自動販売機で売られている飲料は、ペットボトルに入っていることが多いです。 それもリサイクルできるものなので、分別して回収してもらってください。 ペットボトルを再利用することで、石油の無駄遣いを回避できます。 限りある資源を、未来にも残しましょう。

森林から紙ができている

新聞紙やコピー用紙などの紙は、木を原料にしています。 新しい紙を作り続けていると、どんどん森林が伐採されます。 環境が悪化するので、紙をリサイクルする意識を持ってください。 そのため新聞紙などは、資源ゴミとして扱いましょう。 すると、回収されて再利用されます。

無駄な資源を減らそう

毎日、牛乳を飲んでいる人がいると思います。
スーパーで売られている牛乳は、パックに入っているのがほとんどです。
牛乳パックはリサイクルできるものなので、きちんと回収してもらってください。
再び資源になって、新しい製品に生まれ変わります。
牛乳パックを出す際は、良く洗ってから解体してください。
きちんと解体することで、コンパクトになって回収しやすくなります。
回収する際のルールも決まっているので、守ってください。

ペットボトルも回収できます。
プラスチックに似ていますが、全く別のものです。
まとめて処分することは、絶対にしないでください。
夏になるとたくさん水分補給をするので、ペットボトル飲料を購入する人が増えると思います。
街中にも、ペットボトルの回収ボックスがあります。
ですからいつでも、リサイクル活動に貢献できるでしょう。
ペットボトルはキャップがついていますが、外してから回収ボックスに入れてください。

新聞紙や雑誌などの紙類も、リサイクルできるものです。
それらは燃えるので、普段は燃えるゴミに出す人がいるのではないでしょうか。
ですが燃えるゴミとして出すと、正しいリサイクルをしてもらえません。
せっかく再利用できるものなのに、燃やされるのはもったいないです。
リサイクルすることで新しい紙を作り出して、森林の伐採を回避できます。
新聞紙や雑誌は、資源ゴミの回収日に出してください。
すると、きちんとリサイクルしてもらえます。